矯正歯科

  • HOME
  • > 矯正歯科

矯正歯科について


矯正歯科治療は、歯並びとかみ合わせの改善を目指した治療です。小児の場合、体が完全にできあがっていないため、あごの骨自体も成長過程にあります。ですから矯正治療も、成長に悪い影響を与えるようなかみ合わせを対象に治療していきます。あごの成長発育を正しい方向にコントロールしながら、治療をすすめていきます。
当院では、乳歯のみの時期、永久歯に生え変わる時期、永久歯が生え揃った時期の治療に大別して治療を行います。
歯並びやかみ合わせについてご心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

奥歯が片側だけ反対に咬んでいる 前歯が反対に咬んでいる
奥歯が片側だけ反対に咬んでいる 前歯が反対に咬んでいる
前歯があいている 歯並びがデコボコしている
前歯があいている 歯並びがデコボコしている

矯正治療の流れ

初診 かみ合わせや歯並びについて気になることをお聞きして、一般的な矯正治療の概略、費用、期間などをお話します。
定期検診の際にもお気軽にご相談ください。
初回矯正検査 治療を始めるにあたり、かみ合わせや歯並びの状態を把握し、治療方針を決めるための検査を行います。
あごの骨のレントゲン写真、顔や口の中の写真を撮影したり、歯型などを採って詳しい検査を行います。口腔内診察も改めて行います。
診断 矯正検査の資料を分析し、現在のかみ合わせやあごの状態をご説明します。この検査結果をもとに治療計画を立て、使用する装置や治療期間などをご説明します。患者さまと保護者の方に納得、了承していただければ治療開始となります。
装置装着 治療計画に基づいた装置をつけます。ほとんどの場合、患者さまに合わせた装置を作製しますので、再度歯型を採るなどの準備が必要です。装置をつけると歯みがきがいっそう難しくなりますので、歯みがき指導も行います。
調整 かみ合わせや歯の動きの変化をみながら調整をしていきます。おおよそ月1回程度の調整が必要です。
同時にお口の中の衛生状態をチェックさせていただき、歯みがき指導や歯のクリーニング、フッ素塗布なども行います。
定期矯正検査 治療開始後の変化を評価するために、6か月毎に初回検査と同様の検査を行います。
定期検診 矯正治療終了後は、きれいなかみ合わせや歯並びを安定させるために保定装置をつけます。保定装置は、一般的に矯正装置を入れていた期間と同じだけの期間、使用していただきます。
保定終了後も定期的にメンテナンスを行い、かみ合わせのチェックをしていきます。